オール電化とは

オール電化住宅、というのをご存知でしょうか。今までの住宅では、調理やお湯を沸かすのはガス、家電を使ったり、冷暖房をするのは電気、という風に大きく分けると2つのエネルギーを利用してきました。
オール電化住宅では、ガスを使わず、家の中の全てを電気で動かすことが出来ます。これによって、ガスの基本料金は掛かりませんし、ガスに比べると低コストでお湯を作ることが可能になるのです。

数を増やします

そこで問題になるのが、コンセントの数です。
オール電化住宅では、ガスを使わない代わりに電気を使います。そして、電気を使うために必要なのが、コンセントです。
コンセントが足りないと、電源タップで間に合わせたり、一々プラグの抜き差しが発生するので大変面倒なことになります。コンセント増設をしたり、古くなったものについてはコンセント交換をすることで、簡単に、かつ安全にオール電化の恩恵を受けることができます。
コンセント交換、コンセント増設は、電気技術者としてしっかりと資格を持っている方にお任せすることをお勧めします。

特殊なコンセント

最近の電気機器、特に調理用のIHクッキングヒーターや冷蔵庫、エアコンの中には、200V対応の電気機器も多く存在します。
200V対応のものと100V対応の物で何が違うのかというと、出力がより大きくなり、パワフルになるということがあります。
IHクッキングヒーターであれば、大火力でガスコンロにも負けない使い勝手を、エアコンであればより早く、室内の温度を上げたり下げたりすることが
出来ます。
通常のコンセントでは200V機器は使えませんので、その際は専門業者にコンセント交換をご依頼されてはいかがでしょうか。
コンセント交換をすることで、より便利な電気機器を使えるようになりますので、ぜひコンセント交換をご検討下さい。