コンセントは家の中にいくつありますか?お使いになられる数が少ないと面倒ということもありますが、時には危険な場合もあります。
【タコ足配線】
タコ足配線というものをご存知でしょうか。タコ足配線とは、ひとつのコンセントから電源を引っ張り、複数に電力を供給することにより、その姿がタコの足のようになってしまうことから、タコ足配線と呼ばれています。
このタコ足配線をされている方は多くいらっしゃると思いますが、これは本当に危険なのです。タコ足配線をするよりも、コンセントの増設をすることにより、タコ足配線の使用頻度を減らせます。
【タコ足配線の危険性】
タコ足がなぜ危険なのでしょう。一般的にも多く使われているし、そんなに危険は無いと感じるとは思いますが、タコ足配線をするということは、もともとある電力を分担することにより、電圧が不安定になりやすいということがまず上げられます。それにより、電力供給先の電化製品の故障にもつながりますし、電力を集中させることにより、熱がこもりやすくなりショートさせてしまう場合や、それが原因で火災に繋がる場合がありますので、コンセントが少ない場合はコンセントを増設する必要があると考えられます。
【火災の要因】
先ほどお話したとおり、電力の集中はよろしくないので、コンセントの増設をすると火災に繋がる事故の確率が下げられると伝えましたが、火災の要因はそれだけではありません。長年使い続けたコンセントプラグは劣化をします。その劣化によりコンセントプラグにひび割れができてしまっていたりすると、そこから電気がもれる可能性もあります。安全に暮らしていこうと思うと、コンセントプラグを新しいものに交換することも見ていく必要があると思います。コンセントの修理や、増設には免許が必要なので、自分で手を出すのはなかなか難しいですが、コンセントプラグのほうであれば免許の必要が無いので、ご検討いただければと思います。