突然起こるもの

普段何気なく使用している家の中にあるコンセント。無理な方法で使っているわけではないのに、ある日突然、コンセントが原因で火災が起こってしまうことがあります。コンセントが発火してしまう現象の中で大きな割合を占める「トラッキング現象」というものがありますが、これはどのようなことが原因で起こるものなのでしょうか。

差しっぱなしのコンセント

「トラッキング現象」が発生してしまう最大の原因は、差しっぱなしにしてあるコンセントにあります。冷蔵庫や洗濯機などの大型家電はもちろんのこと、最近ではパソコン本体の電源やインターネットのモデムなどのプラグをコンセントに1日中差したままにしてあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。毎日使うものだからとそのままにしていると、コンセントとプラグの隙間にホコリが溜まり、このホコリが湿気を吸収することでプラグの中で火花放電が繰り返されてついには電気が流れて発火してしまうという仕組みになっています。この「トラッキング現象」が起こりやすいのは、水槽やキッチン、また結露しやすい壁面など水分が多い場所です。また、テレビ台の後ろなど重い家具や家電の裏など、掃除の頻度が低いコンセントもホコリが溜まりやすいので要注意です。

コンセントの増設も視野に入れる

コンセント火災を起こしてしまいそうなものをそのまま放置してしまうと、大きな地震など災害が起こった場合の火災につながることがあります。そのようなことを防止するためにも、何と言ってもホコリを取るための日頃の掃除が大切になってきます。また、延長コードによるタコ足配線をしていることもホコリが溜まりやすい原因となりますので、数が足りない場合にはコンセントの増設を検討されることも非常に重要ですし、古いコンセントや壊れたものを使用しているとショートすることもありますので、そのようなときにはコンセントプラグの交換の工事を業者に依頼することがオススメです。