今と昔では違いがたくさんあります

新築住宅を設計するとき、リフォームを計画するときはコンセントの数を多めにしましょう。
なぜなら、昔と今ではコンセントを必要とする家電の数が大きく異なるからです。
コンセントを多めに設置する理由は、電子機器を使う数が大幅に増えているからです。
コンセントから電源供給を受ける機器は、一昔前だとテレビと冷房機器、それにお掃除の時に掃除機を使ったり、洗濯機や炊飯器、冷蔵庫を使う程度でした。
しかし、今では携帯ゲーム機の充電、ゲーム機やAV機器の普及、パソコン、家事に使う機器もIH調理器などが増えたので、コンセントからの電源供給が必要になるものがあります。
これを考慮せず、コンセントの数を少なく見積もったまま工事を進めると、後でコンセントが足りないからといって、延長コードやタップで無理やりコンセントを増やそうとしてしまいます。

タコ足配線は危険です

本来、コンセントから供給できる電力の量は決まっていますが、タコ足配線を行うと、その想定された以上の電流が流れ続けることになります。
その結果、コードなどが加熱して火災を起こす原因にもなり、火災により一家全員が死傷するという痛ましい事件も実際に起きています。

コンセントを設置する数を多めにすることで、この事故を防ぐことが出来ると考えた時、大変残念でなりません。
痛ましい事故を増やさないためにも、また安定して電子機器を使用するためにも、コンセントの数は多めに見積もっておきましょう。