コンセントは無くてもならないもの

今や私たちの生活で使わない日はない電気。その電気を快適に利用するために、どこの家にも「コンセント」があります。スマートフォンの充電、冷蔵庫、電子レンジ・・・と日々の暮らしに欠かせないものがコンセントですが、それが突然壊れて電気が通らなくなってしまったら、その便利な暮らしがいっきに不便なものになってしまいます。そのような故障は意図せず急に起こってしまうものですが、そのようなことを防ぐために普段からできることはないのでしょうか。

意外にもとても簡単なこと

コンセントを大切に使うためにいちばん簡単にできる方法、それは「コンセントを抜くときはコンセントプラグ本体をしっかり持って抜くこと」。当たり前のことのように思われるかもしれませんが、例えば掃除機のコンセントなどそのケーブルが長いものは、ついついプラグよりもケーブルの部分を持って抜き差ししてしまうという方も多いかと思います。この抜き方だと、思っている以上にケーブルに負担がかかってしまい、コンセントが早く故障してしまう原因につながるのです。このことから、普段コンセントを抜き差しをする際には丁寧にすることを心がけることが大切になってくるのです。

それでも故障してしまったら

こんな風にコンセントを大切に扱ったとしても、故障を避けられない事態に陥ってしまうことがあるかもしれません。そんなときには、無理に自分で修理しようとせず、コンセントプラグの交換やコンセントの増設などが必要なときには、専門の業者に依頼するようにしましょう。