下見で確認しよう
私たちは日常生活の中で様々な電化製品を使用します。特に、冷蔵庫や電子レンジ、パソコンなどはプラグをコンセントに挿しっぱなしで使用しています。賃貸物件へと引っ越す場合、下見の時点でどのあたりにどれだけコンセントがあるのか確認したほうがいいでしょう。よく確認しておかないと、後から欲しい位置にコンセントがなくて不便を強いられることになります。コンセントの増設をしたくても、管理人から許可がかもしれません。契約する時に、コンセントの増設工事を行ってもいいのかも確認しておきましょう。

コンセントって増設できるの?
コンセントの増設と先に記述しましたが、「コンセントって増設できるの?」と疑問に思う方がいらっしゃるでしょう。コンセントの増設はできますが、どのような場合でも必ずコンセントの増設ができるというわけではありません。また、コンセントを増設するといっても、挿しこみ口を増やすのか、場所を増やすのかによって、コンセント増設の工事内容も変わります。

数を増やすのか、場所を増やすのか
挿しこみ口を増やすコンセント増設工事では、既存しているコンセントを使用した工事なので、あまり時間をかけずに終わり、消費できる電力は変わりません。しかし、場所を増やすコンセント増設工事では、分電盤から新たに増設工事を行うため、作業が増えて時間がかかります。コンセントの増設をお考えの方は、目的に合わせた内容のコンセント増設工事をしましょう。