コンセントの発明
コンセントを発明したのは、日本人の松下幸之助ではないかと言われています。松下幸之助はパナソニックを一代で築き上げた方で日本の有名な実業家兼発明家として名が知れ渡っています。この松下幸之助が1918年~1919年頃にコンセントの元になったものを発明したとされています。今はどの家庭にも必ずあるコンセントですが、昔は天井からぶら下げられたソケットに家電のプラグを差し込み電気供給をし家電を動かしていました。この発明はパナソニックを築き上げるきっかけとなり松下幸之助は一躍著名人となりました。

家庭内のコンセント
家庭内でコンセントを利用する際に、思いの外コンセントが少ない時があると思います。基本的に建築設計を行なう際、家を建てる祭は、人の動線や生活を考えてコンセントを設置します。これがそのため、「ここにほしいのに」という場所にコンセントがないときもあるのです。そういった時はコンセント増設を検討しましょう。コンセント増設をすることで家電も利用しやすくなります。ただ、注意するべき点があります。それは、動線を考えることです。コンセントを増設し家電のプラグを挿しっぱなしにしていると、足に絡まり転んでしまうこともあります。コンセント増設する際は導線を考えて場所を決めましょう。

コンセントの不具合
コンセントというのは基本的に毎日利用していると思います。そのため、コンセントは少しずつ退化していきます。もちろん、普通に利用していればすぐに壊れることはありませんが、利用方法が雑な場合やプラグの抜き差しが頻繁ですと注意が必要です。そういった時はコンセントの交換を行いましょう。故障しているコンセントを使い続けると、感電・発火の原因になります。故障している場合はお早めにコンセントの交換を行って下さい。