増えてきた家電
今私たちの暮らしは電気なしでは成り立ちません。昔は冷蔵庫や炊飯器などの、いわゆる「白物家電」と言われる家事中心の家電が中心でしたが、今はテレビ、カメラ、ビデオ、エアコン、ゲーム、携帯などの「黒物家電」も加わるようになり、益々電気を使うようになってきています。

足りないコンセント口
電気を使う以上は電源となるコンセント口が必要になります。しかし、住宅の設計思想は昔とあまり変わらないところがあって、増える一方の家電に対してのコンセントの数はそれほど増やして設置してないケースが多いです。1つのコンセント口に延長用のコンセントタップを挿してそこから何口も分配する、という使い方をしている人も多いのではないでしょうか。家電に対してのコンセント口の数は圧倒的に足りていないのが実情です。これから新築する人は、どこでどれだけの電気製品を使うのかをよく考えて、コンセントの配置計画をすることが重要です。

危険な延長コンセント
延長コンセントタップを次々と繋いで利用している人が多いと述べましたが、実はこういう使い方はとても危険なのです。コンセントタップを繋いでいくと、急激な電圧低下や過剰な電流がおきて、機器が故障したりコンセント口から火花が発生する可能性が高くなります。また接続箇所が多いほど余計な電力を消費することになるので不経済です。延長コンセントを多用するくらいでしたら、コンセント口を増設しましょう。新築でなくとも、既存の家でのコンセント増設も可能です。資格が必要な電気工事となりますので、コンセント増設の際は専門業者に依頼しましょう。